男女

理学療法士は専門学校で学べる|未来に活きる

専門家である事に差はない

整体

学校に違いはあるのか

理学療法士を目指すと決めたら、学校選びで進路に悩む人が多いです。大学でも専門学校でも最終的に理学療法士になることを目指すのですが、違いは何なのか。医療現場において必要とされるのは資格であり、学歴ではありません。大卒でも専門学校卒でも国家資格の内容は変わりません。給与体系も大卒と専門学校卒で分けている職場はごくわずかです。違いは学生時のカリキュラムです。基本的に厚生労働省が定める基準は双方含まれていますが、大学では学位取得が目的となります。従って4年時には卒業論文に取り掛かる必要があります。専門学校は就職が目的になります。最終学年には卒業論文はない為、国家試験対策に集中できます。設備や教員は大学の方が充実している傾向であり、リハビリ以外の素養も養える利点があります。専門学校では専門知識を学び、確実に国家資格を取得することと、学費が大学より抑えられる利点があります。双方メリットデメリットありますので、パンフレットやオープンキャンパスに参加し、吟味する必要があります。

学校選びの着目点

理学療法士の学校選びで、どんな就職先があるか、求人数はどうか、実習先はどうかの3つは最低押えておきたいことです。 目的は理学療法士になることで、目標は就職することです。卒業生が自分が就職を望む地域で働いているかは、実は重要なことです。卒業生が就職していると情報も集めやすく、実習を受け入れている所なら、実習を通し就職がしやすくなります。理学療法士は誰でもリハビリを指導するわけではありません。それぞれ専門分野があります。診察で内科や外科があるように、高齢者リハビリや脳卒中の急性期、回復期やスポーツでの後遺症など多くの分野が理学療法士にはあります。自分の進みたい道の専門である教員がいるかも確認する必要があります。最後に、家族の意見を忘れてはいけません。学費の面で家族と相談することも非常に重要なことです。

受けるべき試験に悩んだら

ウーマン

医療業界はチーム医療などで改革が必要な分野とされており、たいへん多くの資格が一覧に掲載されています。国家試験の多くは、養成施設に通わなければなりませんが、民間資格や登録販売者などは受験要件がありません。お忙しい方や社会人の方は、一覧を参考にしながら、効果的な資格を探すとよいでしょう。

Read More

医療に携わる人材を育成

看護師

学費を政府が負担する制度を利用することで、ベルランド看護助産専門学校の学費負担を大幅に減らせるでしょう。適用される学科は限られているので、事前に確認しておくとよいです。入試試験では、小論文と面接が重要になっています。

Read More

人物考査

ナース

看護学校の入学試験に面接を行っている学校が多くあります。この面接は入学する人の人物考査が、主な目的になっています。いろいろな形で試験が行われ、その人が看護師にふさわしいかどうか、判断されることになります。

Read More