人物考査|理学療法士は専門学校で学べる|未来に活きる
レディ

理学療法士は専門学校で学べる|未来に活きる

人物考査

ナース

シュミレーションを行って

看護学校で行われる面接の目的は、学科試験でははかることができない人とのかかわりに対しての適性や本人の熱意、意欲を見るために行われています。実際には学科試験の後の二次試験に行われるというパターンが多く見受けられます。形式は個別面接、集団面接、集団討論の三つに分けられています。看護学校の入学試験で面接を行っている学校を受験するときは、質問されることが多くなっている質問をよく調べて、それぞれについてシュミレーションを行って本番に備えるようにしてあれば、本番の試験であわてずに済みます。志望の理由や動機はもちろんのこと、自分自身のことや学校生活についてや家庭環境、入学後や卒業後のことなどよく頭の中でまとめておきましょう。

試験の種類

看護学校での個別面接は受験者一人に対して、係官が一人から数人であたります。時間は5分から15分で係官が質問して、受験者はその都度答えるという形の一問一答形式です。ある程度の緊張を強いられます。集団面接は受験者も係官も数人で行われています。一つの質問に対して受験者が順番にこたえるという形で行われています。集団に埋没しないようにしましょう。集団討論は受験者五人から十人のグループにテーマが与えられ、その討論を係官が傍聴します。自主性や協調性が必要になってきます。おもに看護学校で行われているのは個別と集団面接ですが、最近は集団討論も増えてきています。看護学校での面接は人物考査の意味合いが強くなっています。看護の仕事が看護者の対人的な能力で、仕事の優劣や質が左右されるものだからです。